日記


by sakurako0402
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

たっちはやさしさでできてます

今日からいよいよ「タッチ」の実写版映画が公開ですね!!
こーんな記事も出てました。
c0040529_1918122.jpg
今、私も久しぶりに
毎日寝る前に一冊ずつ
タッチを読んでいるところです>_<

なにをかくそうこの私は
元祖タッチマニアなのです!!!!
それはかつて小学生だった頃・・・。

てかはっきり言って私はタッチ世代じゃありません(笑)
だってアニメが放送されてたときは私は2歳か3歳くらいだったからw

でもなぜかそのときの印象があまりに強くて
小学生の低学年で再放送を見たときに
なぜか超はまってしまったのです>_<

2、3歳ながら、有名なかっちゃんが死んだ場面が脳裏に焼きついて
その悲しみみたいのが残ってたんでしょうね。
あの場面で流れるショパンの「幻想即興曲」は
今でも最も好きな一曲です。

しかし私が小学生の頃って
「セーラームーン」とかの時代なわけですよ(^^;)
誰もタッチにハマってるやつなんていませんww
もちろん世間でも話題になってません笑

なのに人とズレてハマりまくってしまった私は
あだち充の作品すべてを集めだし、
タッチのサントラCDまで買い揃え、
原画集まで予約する始末。

おまけに
なんかアニメグッズショップ(たぶん今で言うオタク系ショップ・・・)に行って
「タッチのポスター売ってませんか??」
と聞いていました(゜Д゜)
放送もされてないその当時、そんなものがどうして売っているでしょうか。。。

くわえて、
小学校で「あだち」という苗字の人を見かけると
「お父さんって、充って言わない!?」
などと本気で尋ねるというトチ狂った行動に出ていました(゜Д゜)

あぁ、どこまでもずれている小学生・・・。

でも小学生だったから許される、ということで。w

その思い出のタッチを久しぶりに読み返すと、
本当に今読んでも、なんという傑作なんでしょう>_<。。

作品全体を通して、あらゆる場面において
優しさが溢れかえっているのです!!

小学生当時でも感じていたものの、
大人になって相手の気持ちがわかって来るようになってから読むと
登場人物の思いやりが随所にあふれていて
涙なしでは読めません>_<。。

特に、かっちゃんは死んでしまうのだ・・・・
という話の先を知っているので、
またそのやさしさが哀しくもあり切なくもあり、、
人物それぞれの抱える思いに胸を打たれます。

タッチは、漫画というツールを通して
思春期の精神世界を見事に表現した傑作といえると思います!
しかもそれを、少ないセリフと巧みなコマ送りで
表している技にはうなります>_<

是非皆さんも、
このタッチを読むときにはセリフだけでなく、
人物の表情・描かれている風景、
そしてコマとコマの間に隠されたたくさんのやさしさを
じっくりと味わい、感じながら読んでみてください◎

最近のマンガにはほとんどない
テンポが遅いけれどもその分心が暖かくなる
あだち充の独特の世界が広がることでしょう☆
[PR]
by sakurako0402 | 2005-09-10 19:15 | エンタテイメント